トピックス タカシンホーム 自由設計のアイムの家で、20代からの新築、家づくり、リフォーム。広島県三原市の工務店です
お客様の喜びこそが、私たちの宝です。20代からの家づくり、40代からの建て替えを応援します。

知っておトク!増税前の対策とは

消費税8%で家を賢く建てる、購入する方法とは?



2014年4月に消費税が5%から8%に引き上げられましたが、今後予定通り2019年10月に消費税が10%に増税した場合、お家を検討しているお客様にどんな影響が出てくるのでしょうか。





消費税10%増税に向けて押さえておくべきポイントを紹介します。



ポイント1  住宅購入のタイミング


通常、住宅を購入する際の消費税率は引き渡し時点の税率が適用されますが、今回の消費税引き上げに関しては税率が10%になる半年前、2019年3月31日までに契約したものであれば、引き渡し時期に関わらず消費税は8%のまま据え置かれる経過措置がとられます。

つまり2019年3月31日までに契約するか、それ以降に契約したものでも2019年9月30日までに引き渡しを迎えれば、消費税率は8%が適用されます。



ポイント2  図解で分かりやすく解説


2%が40万円の差を生む


例えば建物の代金が2000万円の場合、消費税率が8%のうちに購入できれば消費税は160万円ですが、10%になってから購入すると200万円となり40万円も負担増となります。

高額になればなるほど消費税の2%の負担は大きくなります。




焦らず計画的にマイホーム計画を進めよう


注文住宅の場合は、引渡しが2019年10月以降になっても、工事請負契約を2019年3月31日までに締結しておけば消費税は8%が適用される経過措置があります。

注文住宅はプランを確定するまでの打ち合わせなどに時間を要するうえに、土地を持っていない場合には土地探しから始める必要があり、全ての工程に時間が掛かりがちです。2019年3月31日までに契約ができるように今からすぐ計画をしていきましょう。



今すぐ住める新築建売住宅もオススメ!



建売住宅とは土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅のことを言います。

建売住宅は住宅の完成後に販売が開始されるケースと、建築中に販売がスタートするケースがありますが、いずれも設計は決まっています。

同じ広さや仕様の家を建てた場合、建売住宅は資材をまとめて購入したり、工事を効率的に進められたりするため、注文住宅よりも割安になることがメリットです。



こんなタイプのお客様は建売住宅がおすすめ!


・土地を持っていない方
・すぐに入居したい方
・時間と手間を掛けずに新築を手に入れたい方
・間取りやデザインが決まった住宅を選びたい方




タカシン・ホームが保有する
新築建売住宅をチェック!


建売情報










来場予約資料請求